エイルン・ラストコード

エイルン・ラストコード ?架空世界より戦場へ?

ラノベ情報サイト

エイルン・ラストコード ?架空世界より戦場へ? 概要編

エイルン・ラストコード画像

西暦2070年。
人類が謎の敵性生物「マリス」から襲撃を受けて億人単位の犠牲を出しながら半世紀以上の年が流れた。
マリスに対抗できる巨大兵器「ネイバー」の一つ、デストブルムの パイロット・セレンは日本での絶望的な戦いに精神を疲弊しきっていた。
そんな戦いの日々が続くある日、所属不明の謎の戦闘機が出現。
この世界には存在しない技術体系による兵器でマリスを蹴散らす。
だがこの戦闘機から出てきたのはこの世界での大人気アニメ「ドール・ワルツ・レクイエム」の登場人物、 エイルン・バザッドにそっくりの少年であった。

エイルン・ラストコード ?架空世界より戦場へ? 基本情報編

ジャンル SF、学園、ロボット、恋愛
小説著者 東龍乃助
イラスト みことあけみ(イラスト・メカデザイン) 汐山このむ(メカデザイン) 貞松龍壱(ロボ作劇・メカデザイン)
出版社 KADOKAWA メディアファクトリー
レーベル MF文庫J
刊行期間 2015年1月23日 -
巻数 既刊3巻

エイルン・ラストコード ?架空世界より戦場へ? 登場人物編

エイルンバザット

エイルン=バザット
本作品の主人公。
18歳。
作中世界でアニメとされているもう一つの世界から愛機であるエルフィーナと共に突如転移してきた少年。
アニメの世界では主人公と言う訳ではなく重要なサブキャラクターという位置付けのキャラ。
世界を転移してからは便宜上氷室夏樹と名乗っている。
筋肉繊維、骨、感覚器官、神経系の伝達速度等、内蔵の強度等人体を構成するあらゆる部分が 人工的に改造されており抜群の身体能力を誇る。
また、感情が昂ぶったり、 精神を集中させると毛髪と網膜の色素が赤色に変わり、身体能力を更に7.5倍に引き上げることが出来る。
性格は堅物な優等生タイプ。
融通が利きづらく自分が元いた世界の常識をこちら側の世界にも当てはめようとしてトラブルを起こすこともしばしば。

セレンティーナエングヴィス

セレンティーナ=エングヴィス
本作品のヒロイン。
15歳。
特別なヘキサであるネイバーフッドでフランス人。
親しい間柄での愛称はセレンだが関係者からは特務と呼ばれることが多い。
8歳の頃ヘキサを発症してしまうが父がそれを隠匿。
14歳の時に日本の第弐富士へと亡命。
数ヶ月は通常のヘキサとして生活するが二つ目の刻印がうなじにあることが後に発覚し ネイバー・デストブルムのパイロットに選定される(通常ネイバーフッドの刻印は両手の甲に あるのだがうなじだった為に発見が遅れた)。
しかしそのデストブルムが大事故を起こし性格と身の回りの環境に暗い影を 落とすことになった(本編開始の7ヶ月前の出来事)。寡黙で独特な言葉遣いをするほか、独占欲が強い。
「シロ」と自身が呼んでいる白いアザラシのぬいぐるみをとても大事にしている。

一ノ瀬葵

一ノ瀬 葵(いちのせ あおい)
本作のヒロインの一人であるヘキサの少女。
17歳。
機兵部の二代目部長。
元は第一独立小隊の隊長だったが、先代部長である神無木緑の死に伴い部長に昇格した。
緑の代わりを務めるべく騎兵部と、妹のように思っているセレンの命を守る事に全てをかけようとしているが 部長という立場もある為かみ合わないことも。
性格は現場主義の姉御肌で管理の立場である紫貴と対立することも多い。
兵器産業分野では氷室と双璧である一ノ瀬重工の重役を両親に持つ。
以前は緑や紫貴と共に第四保管領にいたが氷室雷鳥の手引きで第弐富士に異動した。
【テンナンバー】の一人「炎の一(フレイム・ワン)」。
【ノンギフト】ではあるが卓越した戦騎装操縦の腕を持っており、 戦騎装単機での単独行動が認められている。

九重紫貴

九重 紫貴(ここのえ しき)
本作のヒロインの一人であるヘキサの少女。
18歳。
氷室義塾生途会会長。
作戦中は地を出さないようにしているが、プライベートではコスプレをしたりグッズを収集したりするアニメオタク。
義塾に入った当初の上手く周囲に馴染めないセレンとかつての自分とを重ね合わせ面倒を見るようになっていった。
セレンに冷たい態度を取ることもあるが基本的にセレンのことを第一に考えている。
緑と葵とは第弐富士に来る以前の保管領にいた頃からの友人。
【テンナンバー】の一人「氷の九(アイス・ナイン)」。
戦闘時、平常時共に氷室義塾の頭脳部分を仕切る、雷鳥の腹心の部下。
10個先を見据えて動くことを信条としている。

エイルン・ラストコード ?架空世界より戦場へ? ギャラリー編